黄色い 念珠

伝統行事の変化

遺骨を持つ女子

子供のすこやかな成長を願う心はいつの時代も変わりませんが、昔の人はその思いを人形に託してきました。それがひな祭りにおける雛人形であり、端午の節句における五月人形です。 五月人形は武者の鎧や兜をかたどった人形のことで、子供を災難や病気から守ってくれるようにとの願いをこめて飾るものです。通常は初節句、すなわち男の子が初めて端午の節句を迎えるときに買いととのえ、一人一飾りとして子供の数にしたがって増やしていきます。 五月人形は伝統的には母方の実家から贈るものとされていますが、これには地域によって異なります。また、近年は子供の数も少なくなる傾向にあるため、伝統にこだわらず父方及び母方が折半したり、親戚一同名義で贈るといったスタイルもごく一般的になっています。

端午の節句を祝う習慣は古代中国に始まり、日本には奈良時代に伝えられましたが、人形を飾るようになったのは鎌倉時代になってからのことだと言われています。当時は武士の家において男子の武運長久を願う象徴であったのが、江戸時代以降庶民がその習慣をまねるようになり、現在のようなスタイルに落ち着いたとされています。 五月人形は春分を過ぎたあたりから飾り始め、5月の中旬ごろにしまうのが基本ですが、家ごと、地域ごとにしきたりの違いもあり、それほど厳格に倣う必要はありません。ただし初めて買い求める時はあまり間際になってからだと間に合わないこともあるので、余裕を持って注文し、春分過ぎに届けてもらえるよう手配しておくのが賢明です。

法事だけじゃない使い方

墓地と祈る喪服の男女

真珠の首飾りやブレスレットは、法事に身に付けるのが定着していましたが、近年では、そんなことはありません。ブレスレットの場合、パワーストーンのブレスレットと同じように、ファッションに取り入れていることもあります。

この記事の続きを読む

墓石にも代行あり

寺の風景

いろんな業種で代行サービスがありますが、墓石に関するサービスも出てきています。墓の持ち主に変わり、墓石のクリーニングを行ってくれるというサービス内容になります。では、これを実際に依頼している人がいるのか、相場はいくらぐらいなのかを見ていきましょう。

この記事の続きを読む

現在の遺品整理事情

古い和風建築

遺品整理は身内の人間がやるのが常識でした。ですが、墓石のサービスと同様、遺品整理もサービス業者がやるようになっています。実は、これが誕生したのは、そんなに昔のことでもないのです。

この記事の続きを読む

評判のいいところを選ぶ

茶色い数珠

何事も、依頼をするときは、評判のいい業者を選ぶことです。これを失敗してしまうと、トラブルに巻き込まれたり、多額な金額を請求されてしまうこともあります。業者選びは慎重に、失敗しないようによく探しましょう。

この記事の続きを読む